ダイヤモンドの輝きは買取価格に差が出る?

ダイヤモンドのクオリティーは4Cで決まります。

カラットは重さ、カラーは色、クラリティは透明度、カットは研磨を表します。

透明度が高いほど価値も上がり、研磨の仕方で輝きも変わるので当然のように輝きが良い方がダイヤモンドの価値も高くなります。

4Cの中で研磨は唯一人が作り出す物です。

研磨は職人が行いますが、職人の腕次第ではダイヤモンドの輝きも大きく変わってしまいます。

熟練の職人ほど綺麗な輝きを作り出すので、同じように研磨しても職人の違いで見た目にも明らかな違いが出ます。

ダイヤモンド買取店では必ず買い取る前に査定をしますので、この時鑑定士が査定基準に基づき研磨状態を含めて4Cも基準にして価値を見極めていきます。

お店によっても多少の違いはありますが、ダイヤモンドは4Cのバランスも重要なので、ここを重視するかどうかでも買取価格は変わってきます。

もしも近くにダイヤモンド買取店があるなら、持ち込み査定をしてみるのもおすすめです。

査定をしても価格に納得できなければ、契約義務はありません。

中には売るつもりは無いけど、自分のダイヤモンドがいくらの価値があるのか知るために持ち込み査定をする人もいます。

ジュエリーは使っているうちに意外と汚れています。

店舗なら超音波クリーナーでジュエリーをきれいにしてもらえるというメリットもあるので、こっそり活用するのもいいですね。

クリーナーで掃除するだけでもダイヤモンドも輝きは変わるので、見た目にも違いが分かると思います。

参考サイト▶ダイヤモンド4C評価基準 | ダイヤの相場・価格変動

Comments are closed.